在京古高同窓会のホームページにようこそ!

トップページ 会長挨拶 同窓会会則 役員名簿 事務局 お問い合わせ
 
 

また会える日まで! 、

皆様、新年明けましておめでとうございます。また新しい年がやってきましたが、皆様は如何お過ごしでしょうか。私の方は、少しばかりの運動と買い物の際の荷物持ち、新聞・テレビ、そして本を読む毎日です。 何とも味気ない限りです・・・そうなのです。コロナが沢山あったささやかな潤いを奪ってしまったのです。親しいお友達との語らいはお預け。外食も映画もお預けか、恐る恐る。2月以降の行事は全て中止、60周年も50年記念も全く相手にされませんでした。皆様の方は如何でしたか?

さて、コロナ禍の中でも時間だけは流れていきます。国内では菅内閣が成立しました。新政権は、前例にとらわれない、縦割りを打破する、既得権益を打ち壊す、と言って新しい道を探しているように見受けられます。 コロナの影響で多くの人々が職を失い収入を大幅に減らし四苦八苦しています。こういう時こそ政府の助けが必要なのです。

不機嫌で不安な時代にあって唯一すっきりした気分になれたのは、テニスの大坂なおみ選手が全米で優勝した時です。黒人差別に抗議するデモが全米各地で起こっていた時、「私は、テニス選手である前に、一人の黒人の女性です」と言って犠牲になった黒人の名前の入った黒のマスクで登場、次々と勝ち進んで優勝しました。 あの時だけは気分がすっきりしました。だからと言って、で黒人に対する差別・暴力が消えるわけではありません。これからも長い戦いが続きます。

ところで、アメリカの大統領選挙はどうなるのでしょうか。4年前はトランプさんの勝利という番狂わせに。本当にびっくりしました。今回はバイデンさんが勝つと信じています。コロナに対する不安に加え、私にはもう一つの不安があります。それは中国の動向です。香港に対する締め付け、ウィグル族に対する暴力的な脱イスラム化、 尖閣周辺における堂々たる領海侵犯に加え、経済では世界で一人勝ち、軍備にかけるお金も潤沢にある、という事で今後何をやるのか心配です。

最後になりましたが、新しい年が少なくとも前よりは良く、生活も少し我慢すれば楽しいものに出来るような、そんな年になってくれればと願っております。また昨今の新型コロナウィルス蔓延が収束する兆しがないばかりか、患者数が増えて来ております。残念ながら皆さん方の健康のためにも今年の”新年の集い”を中止し、来年に延期せざるをえないことです。 コロナ禍を乗り越え、またお会いしましょう。

2021-01-01
在京古高同窓会
 会長 鹿野軍勝
Copyright © 1988 在京古高同窓会 All rights reserved.
by 在京古高同窓会